■晴れて幸せなゴールインを迎えるために

皆さんは、既に結婚なさっていますか?あるいは、結婚願望はお持ちになっていらっしゃるでしょうか?もしかすると、全然結婚にたいして興味がない、という方もいらっしゃるかも知れません。というと、結婚願望が有る方からすると不思議に思われるようですね。情報化社会として発達し、男女の権利や立場が平等になりつつある現代の世の中に於いては、もちろん結婚に限ったことではないのですが、かなり多種多様な考え方が生まれるようになってきました。昔であれば、女性は男性と結婚しなければ収入の面の問題で一生問題なく暮らしていくといういのはなかなか難しかったという背景がありました。同様に、男性も女性と結婚しなければ家事などまで自分でやっていくというのは非常に大変なものでした。しかしながら、前者については男女共同参画社会化、ひいては男女雇用機会均等化によってかなり解消されているという現状があります。そういった状況の中で、女性は経済的に自由になり、男性と結婚することによって経済面をカバーしてもらう必要がなくなってきているという背景があります。このような状況下では、経済面以外で結婚に対して魅力を感じていない女性は結婚することはなくなるでしょう。そして男性の方、家事が仕事と両立できないほどに大変なものであった時代は過ぎ去りました。というのも、現在の日本に於いては本当に多用な家具家電が販売されており、それらは強力にあなたの家事をサポートしてくれるでしょう。昔であれば手洗いが当然だった洗濯も、今や槽を移す必要すらなくなりましたし、掃除するにしても強力な掃除機一台でかなりまかなえてしまいます。現在では全自動の掃除機まで登場しており、今後はより楽になっていくことでしょう。最大の敵であった料理についても、レトルト食品の多様化により、冷蔵庫と電子レンジさえあればとりあえず何とかならないこともありません。……もちろん、コレについては手料理の方が良いという方も多いとは思うのですが。まあ、このように男性、女性両方から見て結婚に対する価値観、評価というものが時代と共に変化しつつある、というのが現実でしょう。そして、結婚をしないという選択肢を取る人達の背中を最も強い力で押しているのは、非婚に対する偏見が緩和されて来た、ということを挙げねばなりません。どういうことか?一昔二昔前であれば、適齢期を過ぎて、そうですね、大体30歳を超えてもまだ未婚であった場合には、世間からの評価というものは著しく下がったという状況がありました。その年になっても結婚していないのは人格に問題があるんじゃないか?なんて、現在においては信じられないような差別観が一般的に根付いていたのです。そのため、人々は本来そこまで結婚に積極的ではなくとも、仕事や世間体のために結婚を選ぶ場合もありました。本人が望んでいなくとも、何とか親がそれを後押しして縁談を取り持ったりするなどして、子供を結婚させようとしたものです。その状況が変わってきて、ある程度自由な選択が許されるようになった、というのは素直に文化の成熟を喜ぶべきなのかもしれませんね。……しかしながら、そう喜んでばかりもいられません。そうなってきたときにもう一つ発生してくる問題がありました。それは、少子化です。少子化は先進国全体にみられる傾向で、自由主義が根付き、上記のような偏見が取り除かれるなどして文化が成熟してくると、多くの国において発生してきています。それもそのはず、全員が結婚して、家庭ごとに2人以上の子供を設けなければ、基本的に人口はマイナスです。もちろん中にはテレビに出てくる大家族のように強烈にプラスにしている家もあるのですが、現在はそうはいきません。日本においては、核家族というのが非常に多い構成となってきました。核家族というのは即ち、父と母、一人の子供から構成される、要するに一人しか子供を設けない家庭のことです。この裏には、二人以上設けるだけの経済的余裕がない、という場合はもちろんのこと、子供は一人でいいという価値観を持っている人の増加が関わっているといえるでしょう。というのも、現代の日本において労働力として子供を産めや増やせや、と何人も設ける必要がないのです。過去の日本であれば農業従事者にはそういったことがあったかも知れませんが、現在では農業すら非常に便利な機械によって、かなりその手間が軽減され、そこまで人数が必要なくなりました。日本の少子高齢化は、もはや歯止めの効かないレベルまで到達しています。一部の学者によれば、ここから再び増えるということはないだろう、という見解も持たれているようです。少子化が進み、人口が減れば、即ち日本という国はどんどん先進国の中で後退していくことでしょう。これは、何とかして防がなくてはいけないことでもあります。これを食い止めるために、私達ができることといえば、まあやはり結婚して子供を設けることしかないということになるでしょう。というのも、日本においては上記の様な「結婚しない」ということに対する理解は広がっているものの、何故か「片親」ということに対する理解はまだまだ広がっていないという現状があります。現在、何の偏見も無く子供を育てたいのならば、やはり結婚しているというのは一つの前提になっていると言うことが出来るでしょう。もちろん、これが悪いことであると言っているわけではありません。子育ての観点からすれば、やはり男親も女親も、両方揃っていたほうがその環境は良いということは間違いなく、両親が協力して子育てをなしていくというのは何よりも幸せなことであると言うことが出来るかも知れません。そこでこのページでは、是非皆さんに結婚していただいて、どうぞ少子化を食い止める一員となっていただければと考え、結婚に関する色々なことについて基礎的なことをお教えしたいと思います。難しいことばかりではありませんが、結婚というのは日本のみならず世界的に見ても古来から根付いた風習です。様々なことを知っていないと、結婚相手の家からお断りされてしまうなんていうことがもしかすると万が一あり得るかもしれないでしょう。そうなってしまうことはお互いに本意ではないでしょうから、是非ここで最低限の知識だけは身に付けて、なんとかスムースに結婚にこぎつけることが出来るようにそのサポートとなれば幸いです。それでは、今回紹介していくのは、古くからある結婚式というものが、だんだんと多様化し、普通とは違った結婚式が多いということを「増える特殊な結婚式」と題して、そしてもうひとつは結婚式に向けて、事前に準備していきたいいくつかのことについて「挙式に向けて」という題から色々と紹介していきたいと思います。結婚願望が有る方も、無い方も、是非知識だけでもみにつけておいてみては、如何でしょうか?

恋愛占いをお探しならこれ

ガリバーの非公開車両情報で、条件にあったアルファードがないか探しています。

楽蔵 銀座インズ店 本格炙り 海と大地のグルメ情報はこちら